木造住宅の白蟻調査ってどうやるの?業者の調査方法とセルフ点検

シロアリ

白蟻業者で行なっている調査方法

白蟻駆除業者は、どのような方法で木造住宅の調査をしているのでしょうか。床下や壁など、普段人の目が届かないような場所もしっかり調査されているのか不安になる人もいると思います。ここでは、白蟻駆除業者がどのように調査を行なっているかを紹介していくので確認してみましょう。

2つの調査方法

レントゲン調査
キッチンの床下に設置してある収納庫や和室の畳などを上げて床下に入り調査していきます。その際、蟻道や木造住宅の基礎部分に被害が無いかなどを重点的に調査していきます。また、床下に入っても確認出来ない建物の柱や壁の内部は、室内からレントゲン調査の機械を使って行なうので、白蟻がいる場合、見落とす事はありません。
屋外調査
白蟻の種類にもよりますが、屋外であれば早急に駆除を実施しなくても良い場合があります。しかし、庭に白蟻の巣がある場合、いつ木造住宅に侵入してくるか分からないので心配になる事でしょう。ですから、屋外調査の際もきちんと調べあげ、白蟻の行動を確認しておく必要があります。建物周辺や外壁なども調査し、白蟻が侵入した痕跡がないか調査をしています。

木造建ての家に潜むシロアリを探す~実は自分でできる調査~

自分で調査を行う前に家の中からチェック

下記の項目で、一つでも該当しているものがあれば、建物に白蟻が住み着いている可能性があります。

  • 木造住宅の室内やその周辺で羽蟻が発生していないか
  • 木造住宅の基礎部分や土台に蟻道がないか
  • 木材と木材の接合部分に白蟻の糞や蟻土がないか
  • 柱や軒、棟が下っていたり、歪んだりしていないか
  • 建具の立て付けに不具合がないか
  • 柱に白蟻が食害した後がないか
  • 柱や壁を叩くと空洞音がしないか

自分で木造建ての家を調査する際の注意点

木造住宅の床下などの狭い場所での移動は、体力に自信のある方でも身体に負担がかかります。木造住宅の床下に入ったら、最初に湿気を確認して下さい。床下にある木材にカビが発生している場合は注意が必要です。次に、蟻道が作られていないかを確認します。床下に蟻道を発見した場合は少し壊してみて下さい。もし白蟻が出てきたら、白蟻の住処になっている事になります。しかし、白蟻の巣までは発見出来ない場合は、白蟻駆除業者に依頼をして調査・駆除を依頼しましょう。

TOPボタン