確定申告で木造住宅の白蟻駆除や調査費が控除される!?

シロアリ

白蟻駆除や調査にかかった費用が戻ってくる

白蟻駆除を業者に依頼すると、もちろん費用が発生します。また、調査の段階で特殊な機械を使うと有料になる事もあるようです。でも、白蟻の調査や駆除に支払った費用は、手続きを行うと一部の金額が戻ってくる方法があるので紹介します。

シロアリによる損害損失

確定申告を行う際、所得額から控除出来るものに『雑損控除』というものがあります。これは、確定申告をする本人やその家族の資産が損害を受けた場合、損失額が定められている一定額を超えた際に所得の合計から控除する事が出来るというものです。木造住宅が白蟻により食害された場合も資産の損失に当たるので、白蟻調査や駆除にかかった費用は所得から差し引く事が出来ます。

費用が戻ってくる条件

申告をしたいんですが、誰でも対象になりますか?
白蟻駆除で雑損控除を受けるには2つの条件があります。1つ目が、木造住宅の所有者が、納税者本人か、納税者と生計を一つにする家族であり、その年の所得金額が合計で38万円以下の場合と、2つ目が、シロアリ被害を受けた木造住宅が生活に通常必要な資産であるかが条件になっていて、日常の生活に必要でないものが損失を受けた場合は当てはまりません。

申告の時に使うもの

確定申告の際に必要になるのは、白蟻駆除や調査を行なった際に、駆除業者から出される領収書です。また、場合によって白蟻の被災に遭った、という証明書が必要になる事もあります。その時は、白蟻駆除業者に連絡して調査報告書や施行報告書などを発行してもらいましょう。また、確定申告に備えて雑損控除の事を考え、白蟻駆除業者に前もって報告書などの相談をして業者からもらう書類等はしっかりと保存しておくと良いと思います。

TOPボタン